HOME  > コンテンツ  > 当法律(弁護士)事務所の実績  > 交通事故の死亡事案の解決実績  > 10代後半・男性・会社員(死亡事故・裁判)

10代後半・男性・会社員(死亡事故・裁判)

1 事案の概要

被害者 10代後半、男性、会社員
依頼者 ご両親
交通事故地 関東地方以外
依頼時期 刑事の捜査段階(加害者の刑事処分前)

2 刑事手続き

捜査段階:捜査機関(警察、検察)に対して、適正な捜査と厳しい処分を要請しました。これにより、無事、刑事裁判が行われました。

刑事裁判:被害者遺族の意見陳述などをサポートしました。

3 民事手続き

(1)自賠責保険会社に対する被害者請求

被害者請求をして、自賠責保険金約3000万円を受領しました。
被害者請求について、詳しくは、「自賠責保険会社に対する被害者請求」をご覧ください。

(2)民事裁判

自賠責保険金では足りない分を求めて、民事裁判を提起しました。
交通事故の死亡事案の解決方法について、詳しくは、「交通事故の死亡事案の解決方法(裁判、示談交渉)」をご覧ください。

解決:判決
被害者の過失ゼロの主張を譲歩しなかったため、和解協議は決裂し、判決となりました。

解決期間(民事裁判提起から解決まで):約1年1か月

死亡による逸失利益:約4800万円
高卒で収入が低かったため、逸失利益の基礎収入額が争いになりましたが、男性全年齢平均賃金額の約530万円を基礎とした金額を獲得しました。
死亡による逸失利益について、詳しくは、「死亡による逸失利益」をご覧ください。

死亡慰謝料(本人及び近親者の総額):2100万円
裁判・弁護士基準は、2000〜2200万円であるところ、被害者遺族は搭乗者傷害保険金500万円を受領していて、これは慰謝料の減額要因とされているため、被告は1500万円と主張しましたが、2100万円を獲得しました。
死亡慰謝料について、詳しくは、「死亡慰謝料」をご覧ください。

葬儀関係費用:150万円
葬儀関係費用について、詳しくは、「葬儀関係費用(死亡事故)」をご覧ください。

過失割合(被害者:加害者):0:100
被告は20:80を主張し、争いましたが、0:100を獲得しました。

弁護士費用と遅延損害金:合計約1100万円
当事務所の弁護士費用は、被告側の任意保険会社に負担させた弁護士費用と遅延損害金から、全て捻出できました。
弁護士費用について、詳しくは、「弁護士費用(損害関係)」をご覧ください。
遅延損害金について、詳しくは、「遅延損害金」をご覧ください。

獲得総額(自賠責保険金を含めた総額):約8200万円

4 その他

本件は、関東地方以外の遠方からのご依頼でした。
刑事裁判は、2回期日が行われ、2回とも出頭しました。
民事裁判は、9回期日が行われ、1回出頭し、残りは、電話会議の方法(遠隔地にある裁判所に出頭しなくても、弁護士が事務所にいながら電話で裁判できる方法)で対応しました。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
10代後半・男性・高校生(2)(死亡事故・裁判)
カテゴリートップ
交通事故の死亡事案の解決実績
次
10代後半・女性・高校生(1)(死亡事故・裁判)

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02