HOME  > コンテンツ  > 権利関係(相続人、固有の死亡慰謝料請求権者等)  > 損害賠償請求権の短期消滅時効にご注意

損害賠償請求権の短期消滅時効にご注意

1 損害賠償請求権の短期消滅時効にご注意

(1)短期消滅時効

交通事故の被害者の損害賠償請求権は、法律上、短期の消滅時効が規定されていますので、注意が必要です。

損害賠償請求権は、被害者又はその法定代理人(被害者が未成年者の場合の、その親など)が、損害及び加害者を知った時から、3年で消滅時効にかかります。

交通事故の死亡事案の場合、相続人が、損害及び加害者を知った時からになります。

時効の起算点は、交通事故の死亡事案の場合、通常、死亡日となります。

(2)時効の中断

他方、時効の中断の制度があります。

例えば、被害者遺族が、加害者側から損害の一部の支払いを受けた場合、時効は中断し、時効の中断時点から、新たな時効が始まります。

(3)できるだけ早い法律相談のご利用のお勧め

しかし、損害賠償請求権は、例えば、被害者遺族が、自賠責保険会社に対して被害者請求をして、保険金を受領しても、「加害者側から損害の一部の支払いを受けた場合」と同視できず、時効は中断しないと解釈されています。

これについては、弁護士でさえ、知識不足から、間違うことが多い状況です。

よって、被害者遺族は、なおさら、素人判断で行動されるのは危険です。

交通事故の損害賠償請求事件において、時効は非常に怖いところがあり、注意して、し過ぎることはありません。

時効にかかってしまい、損害賠償請求ができなくなるなどという事態は、絶対に避けなければなりません。

よって、できるだけ早く、当法律(弁護士)事務所の無料法律相談をご利用されることをお勧めいたします。

2 自賠責保険会社に対する被害者請求権の短期消滅時効にもご注意

また、自賠責保険会社に対する被害者請求権は、さらに短期の2年で消滅時効にかかります。

但し、法改正により、平成22年4月1日以降に発生した交通事故については、3年に伸長されました。

それでも短期消滅時効に変わりはありませんので、できるだけ早く、当法律(弁護士)事務所の無料法律相談をご利用されることをお勧めいたします。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
運行供用者責任の問題点(応用知識)
カテゴリートップ
権利関係(相続人、固有の死亡慰謝料請求権者等)

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02