入院付添費

交通事故の死亡事案でも、死亡に至るまでの傷害に関する入院期間、入院付添費が認められる場合があります。

医師の指示がある場合や、症状の内容・程度、被害者の年齢等から必要がある場合、概ね、以下の金額が、交通事故被害者の損害として、認められています。

職業付添人 実費全額
近親者付添人 1日につき、6500円

但し、交通事故被害者の症状の内容・程度により、また、被害者が幼児・児童である場合、1割〜3割の範囲で増額を考慮することがあるとされています。

また、「交通損害関係訴訟」(佐久間邦夫東京地裁判事、八木一洋東京地裁判事編)には、「一般に、入院中の付添いの必要性が認められる場合に事故と相当因果関係のある損害として賠償が認められる。医師の指示があれば、原則として必要性が認められ、医師の指示がなくても、受傷の部位・程度によって客観的に付添いの必要性が認められる場合(例えば、症状が重篤であったり、受傷によって日常生活動作が大幅に制限されている場合)には、医学的な判断とは別に、社会通念上付添いの必要性が認められる。診療機関が基準看護の態勢(いわゆる完全看護)を採っていても、一概に付添いの必要はないということはできず、受傷の部位・程度、被害者の年齢等により、付添看護の必要性が認められる。」と記載されています。

また、同書には、「付添いの必要性が認められるのは、必ずしも入院全期間ではなく、入院期間中の付添いの必要性が具体的に認められる期間に限られる。付添人の数については、原則として、1人であり、職業付添人と近親者の双方の付添いの必要が認められることはないが、被害者の症状が非常に重篤である場合には、期間が限定されることが多いものの、2ないし3人の付添いが認められることもある。」と記載されています。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
治療関係費
カテゴリートップ
損害関係(1)(死亡慰謝料、死亡による逸失利益等)
次
入院雑費

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02