損害総論

1 損害

損害とは、判例上、「被害者が、仮に、交通事故による被害を受けなければ、存在したであろう状態」と、「交通事故により、現実にもたらされている状態」の差であると解釈されています(差額説)。

2 請求できる損害

(1)請求できる損害の範囲

交通事故の損害賠償請求事件において、被害者は、損害の賠償を請求することができます。

この点、請求できる損害の範囲を、どのように考えるかが問題になります。

例えば、仮に、交通事故に遭わなければ、宝くじを購入でき、1等が当たったかもしれないなどと考えると、損害の範囲は無限に広がるからです。

この点、交通事故事件における裁判実務では、社会通念に照らして、相当と認められる範囲内の損害(交通事故と相当因果関係の範囲内の損害)を請求することができるとされています。

分かりやすく表現しますと、交通事故被害者は、常識の範囲内の損害を請求することができるということになります。

(2)請求できる損害の類型化

そして、交通事故における裁判実務では、請求できる損害は、ある程度、類型化されています。

死亡事案の場合、詳しくは、「請求できる損害(死亡事故)」をご覧ください。

3 損害の主張の必要

損害が発生したことの主張責任を負うのは、被害者とされています。

よって、被害者遺族が、これを主張しなければ、かかる損害の賠償請求は、認められないことになります。

被害者遺族は、積極的に、損害を主張していくことが必要になります。

4 損害の立証の必要

また、損害が発生したことの立証責任を負うのは、被害者とされています。

よって、被害者遺族が、これを立証できなければ、かかる損害の賠償請求は、認められないことになります。

被害者遺族は、領収書関係を、しっかり保存しておくことが必要になります。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
損害関係(1)(死亡慰謝料、死亡による逸失利益等)
カテゴリートップ
損害関係(1)(死亡慰謝料、死亡による逸失利益等)
次
損害の分類

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02