HOME  > コンテンツ  > 保険関係(自賠責保険、任意保険等)  > 自賠責保険会社に対する被害者請求

自賠責保険会社に対する被害者請求

1 自賠責保険会社に対する被害者請求

交通事故の人身事故の被害者は、法律上、自賠責保険会社(通常、加害自動車の所有者が加入)に対して、直接、補償を請求することができます。これを、被害者請求といいます。

保険の制度は、本来であれば、加害者側が交通事故被害者に対して補償した後、加害者側が、自ら加入している保険会社から保険金の支払いを受けるものです。

しかし、この場合、加害者側が交通事故被害者に支払いをしない等のときに、被害者が不利益を受けますので、法は、交通事故の人身事故の被害者保護の観点から、被害者の自賠責保険会社に対する直接請求を認めています。

2 自賠責保険の支払基準

自賠責保険の支払基準は、法令で定められています。

そして、死亡事案の場合、保険金額は、上限3000万円になっています。

なお、上記の金額は、上限額で、これ以下の金額の場合もあります。

高齢者などの場合、これ以下の金額になることが多いです。

また、死亡事案でも、死亡に至るまでの傷害に関して、治療費が発生しますが、傷害分は、上限120万円になっています。

また、この点については、「交通事故事件における3つの支払基準(自賠責保険、任意保険、裁判・弁護士)」にも記載がありますので、よろしければご覧ください。

3 すぐにでもお金が必要で、裁判(訴訟)などしている余裕はないと思われる方へ

被害者請求をした場合、死亡事案で、上限3000万円まで、被害者遺族に補償されます。

よって、被害者遺族は、裁判(訴訟)をする前に、自賠責保険会社に対して、被害者請求をすれば、まとまった金額を、迅速に受け取ることができます。

被害者遺族にとっては、裁判(訴訟)をするための十分な軍資金を確保できることにもなります。

4 自賠責保険会社に対する被害者請求権の短期消滅時効にご注意

また、自賠責保険会社に対する被害者請求権は、短期(2年)の消滅時効が規定されていますので、注意が必要です。

但し、法改正により、平成22年4月1日以降に発生した交通事故については、3年に伸長されました。

それでも短期消滅時効に変わりはなく、交通事故の損害賠償請求事件において、時効は非常に怖いところがあり、注意して、し過ぎることはありません。

よって、できるだけ早く、当法律(弁護士)事務所の無料法律相談をご利用されることをお勧めいたします。

なお、この点については、「損害賠償請求権の短期消滅時効にご注意」にも記載がありますので、よろしければご覧ください。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
死亡慰謝料等の支払基準の比較(自賠責保険、裁判・弁護士)
カテゴリートップ
保険関係(自賠責保険、任意保険等)
次
交通事故の場合の健康保険の利用

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02