HOME  > コンテンツ  > 権利関係(相続人、固有の死亡慰謝料請求権者等)  > 相続人であることの証明・戸籍謄本等(死亡事故)

相続人であることの証明・戸籍謄本等(死亡事故)

1 相続人であることの証明

交通事故の死亡事案の損害賠償請求事件の場合、裁判(訴訟)等の手続きを進めるにあたっては、相続人は、相続人であることを証明する必要があります。

そして、これは、被害者の出生から死亡までの連続した戸籍謄本や除籍謄本を取得して証明することになります。

以下、戸籍謄本等について説明いたします。

2 戸籍制度

戸籍(こせき)制度は、国民の出生関係を登録する制度です。

戸籍は、原則として、一夫婦とこれと氏を同じくする子ごとに編製されています。

戸籍には、国民の出生から死亡までの履歴が記録されますので、相続の手続きの際は、取るべき手順が明確であるといえます。

3 戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

(1)戸籍謄本

戸籍謄本(こせきとうほん)は、戸籍の記載事項の全部を転写したものです。

なお、一部を転写したものは、戸籍抄本(こせきしょうほん)になります。

また、電算化(コンピュータ化)された戸籍謄本を、戸籍全部事項証明書、電算化(コンピュータ化)された戸籍抄本を、戸籍個人事項証明書といいます。

(2)除籍謄本

除籍謄本(じょせきとうほん)は、除籍された戸籍の記載事項の全部を転写したものです。

戸籍が除籍される場合は、戸籍に記載されている者の全てが、死亡、婚姻等により戸籍から除かれるか、本籍を他に移した場合になります。

(3)改製原戸籍謄本

改製原戸籍謄本(かいせいはらこせきとうほん)は、改製原戸籍の記載事項の全部を転写したものです。

改製原戸籍は、戦前の家族単位の戸籍を、夫婦単位の戸籍に改製する等、法令による戸籍の改製が行われた場合の、改製前の戸籍になります。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
相続人の範囲等(死亡事故)
カテゴリートップ
権利関係(相続人、固有の死亡慰謝料請求権者等)
次
近親者の固有の死亡慰謝料請求

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02