相続人の範囲等(死亡事故)

1 「誰が」損害賠償請求できるか

交通事故の死亡事案の損害賠償請求事件の場合、損害賠償請求できるのは、被害者の相続人になります。

よって、当法律(弁護士)事務所に裁判(訴訟)等をご依頼いただくことになった場合の、ご依頼者も相続人の方になります。

なお、法律相談につきましては、相続人以外のご遺族の方がなされてもかまいません。

2 相続人の範囲、相続分

そして、相続人は誰がなるか、また、相続人となった場合の相続分につきましては、概ね、以下のようになっています。

死亡された方の 相続人(相続分)
配偶者、子、直系尊属(親)、兄弟姉妹がいる場合 配偶者(2分の1)、子(2分の1)
配偶者、直系尊属(親)、兄弟姉妹がいる場合 配偶者(3分の2)、直系尊属(親)(3分の1)
配偶者、兄弟姉妹がいる場合 配偶者(4分の3)、兄弟姉妹(4分の1)
子、直系尊属(親)、兄弟姉妹がいる場合 子のみ
直系尊属(親)、兄弟姉妹がいる場合 直系尊属(親)のみ
兄弟姉妹がいる場合 兄弟姉妹

注意点

  1. 子や直系尊属(親)や兄弟姉妹が複数いる場合、相続分を複数人で分けることになります。
    例えば、配偶者と子2人がいる場合、配偶者の相続分は2分の1、子の相続分は各4分の1づつ(2分の1×2分の1)になります。
  2. 子が既に死亡していていないが、その子(死亡された方から見ると、孫)がいる場合、孫は、子の相続分を相続して相続人となります。これを、代襲相続といいます。
  3. 祖父母も、直系尊属です。
    例えば、親が既に死亡していていないが、祖父がいる場合、祖父は相続人となります。
    但し、直系尊属が複数いる場合、親等の近い者が優先されます。
    例えば、親と祖父がいる場合、親だけが相続人となり、祖父は相続人となりません。
  4. 兄弟姉妹が既に死亡していていないが、その子(死亡された方から見ると、甥(おい)や姪(めい))がいる場合、甥(おい)や姪(めい)は、兄弟姉妹の相続分を相続して相続人となります。これを、代襲相続といいます。

3 相続人であることの証明

交通事故の死亡事案の損害賠償請求事件の場合、裁判(訴訟)等の手続きを進めるにあたっては、相続人は、相続人であることを証明する必要があります。

そして、これは、被害者の出生から死亡までの連続した戸籍謄本や除籍謄本を取得して証明することになります。

戸籍謄本等につきましては、詳しくは、「相続人であることの証明・戸籍謄本等(死亡事故)」をご覧ください。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
「誰が」損害賠償請求できるか
カテゴリートップ
権利関係(相続人、固有の死亡慰謝料請求権者等)
次
相続人であることの証明・戸籍謄本等(死亡事故)

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02