HOME  > コンテンツ  > 刑事関係(被害者参加制度等)  > 加害者の刑事責任・厳罰の追及

加害者の刑事責任・厳罰の追及

1 加害者の刑事責任

交通事故の死亡事案の加害者(運転者)は、民事責任(損害賠償義務)の他に、刑事責任(自動車運転過失致死罪など)も負い、刑事罰を受けます。

そして、刑事罰には、懲役刑、禁錮刑(刑務所に入る刑)、罰金刑などがあります。

しかし、死亡事案の場合でも、現在の実務では、残念ながら、交通事故加害者に、死刑判決や無期懲役判決が下されることはなく、逆に、執行猶予判決(刑務所に入らなくてもよい判決)や罰金刑が下されることが多い状況です。

2 刑事事件の近時の傾向

(1)厳罰化

しかし、近時、犯罪(交通事故)被害者の被害感情が軽視されてきたとの反省のもと、刑事罰も厳罰化の流れがあり、危険運転致死傷罪や自動車運転過失致死傷罪といった犯罪が新設されました。

詳しくは、「交通事故犯罪に関する刑法改正の経緯」をご覧ください。

また、死亡事案の場合、以前より、実刑判決が多く下されるようになりました。

(2)被害者参加制度

また、従来、犯罪(交通事故)被害者は、刑事裁判に直接参加することはできず、傍聴することしかできませんでした。

しかし、近時、犯罪被害者の支援の観点から、犯罪被害者が、刑事裁判で、刑事被告人に対して、直接質問をすること等ができるようになりました。これを、被害者参加制度といいます。

そして、交通事故被害者は、弁護士に依頼して、刑事被告人に対する質問等の行為を委託することができます。

詳しくは、「被害者参加制度」をご覧ください。

3 加害者の刑事責任・厳罰の追及

しかし、そもそも、検察官が公判請求をしないと、刑事裁判は開かれず、交通事故加害者には罰金刑が下されてしまいます。

よって、被害者遺族が、加害者に対して厳罰を求めたい場合は、捜査段階で、検察官に公判請求をするように働きかける等の活動が必要になります。

また、被害者遺族が、加害者に対して厳罰を求めたい場合は、刑事裁判でも、意見陳述をする等の活動が必要になります。

4 当法律(弁護士)事務所のサポート

当法律(弁護士)事務所は、交通事故の死亡事案の民事の損害賠償請求事件のご依頼を受けた場合、ご希望があれば、加害者に厳罰が下されるように、被害者遺族のサポートを行っております。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
刑事記録の取得方法
カテゴリートップ
刑事関係(被害者参加制度等)
次
被害者参加制度

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02