HOME  > コンテンツ  > 刑事関係(被害者参加制度等)  > 刑事記録の取得方法

刑事記録の取得方法

1 刑事記録の取得方法

交通事故の被害者の刑事記録(実況見分調書、供述調書など)の取得(謄写・コピー)方法は、以下の各段階によって、異なります。

以下、順に説明いたします。

(1)捜査段階

交通事故被害者は、この段階では、刑事記録を取得(謄写・コピー)することはできません

(2)刑事裁判係属段階

交通事故被害者は、この段階では、犯罪被害者保護法に基づく申請をすることにより、刑事記録の取得(謄写・コピー)が可能です。

この場合の申請先は、裁判所(刑事裁判が係属する裁判所)になります。

但し、この場合、裁判所の許可が必要で、また、謄写の範囲が制限される場合があります。

(3)刑事裁判確定後

交通事故被害者は、この段階では、刑事訴訟法に基づく申請をすることにより、刑事記録の取得(謄写・コピー)が可能です。

この場合の申請先は、検察庁(第1審の裁判をした裁判所に対応する検察庁)になります。

(4)不起訴処分後

交通事故被害者は、この段階では、刑事記録のうち、まず、実況見分調書については、取得(謄写・コピー)が可能です。

次に、供述調書については、従前、事実上、開示されず、取得(謄写・コピー)することはできませんでしたが、平成16年から、一定の要件のもと、開示される運用になり、取得(謄写・コピー)が可能となりました。

但し、要件としては、供述者が死亡、所在不明等により、民事訴訟においてその供述を顕出できない場合であることが要求されるなど、厳格な要件が規定されています。

そして、これらの場合の申請先は、検察庁になります。

無料法律相談のお申込み(全国対応)

電話受付:03-5216-6885(平日午前9時から午後6時)

メール申込フォーム(24時間受付)

「交通事故の死亡事案」の解決実績≫

弁護士費用≫

前
刑事で不起訴処分だが、民事の損害賠償請求が可能な場合
カテゴリートップ
刑事関係(被害者参加制度等)
次
加害者の刑事責任・厳罰の追及

無料法律相談

  • 無料法律相談を実施しております。
  • 面談のみならず、電話でも可能です。
  • 土日祝日、平日の夜間でも可能です。
  • 是非、お気軽にご利用ください。

無料法律相談の流れ

  1. 無料法律相談のお申込み( 電話又はメール又はFAX)→原則として、24時間以内
  2. 弁護士から返信(電話又はメール)→無料法律相談の日時の設定
  3. 無料法律相談(面談又は電話)

無料法律相談のお申込み方法

電話受付(平日午前9時〜午後6時)03-5216-6885
無料法律相談の取扱事案は、「交通事故の死亡事案」になりますので、ご注意ください。
詳しくは、「無料法律相談」をご覧ください。
日本全国の事件を取り扱っております。

Search

マルチメニュー02